読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セーレン・キェルケゴール『瞬間』第十号(遺稿)より「「瞬間」とは何時なのか?」試訳

『瞬間』誌第十号(遺稿)

 

Naar er »Øieblikket«?

「瞬間」とは何時なのか?

 

──────────

 

 Øieblikket er, naar Manden er der, den rette Mand, Øieblikkets Mand.

 瞬間とは、その人、即ち真正の人、瞬間の人がそこに存在する時のことだ。

 Dette er en Hemmelighed, som evigt vil blive skjult for al verdslig Klogskab, Alt, hvad der kun er til en vis Grad.

 これは全ての世俗的な分別、即ち、或る程度までしか存在しない全てのものにとって、永遠に隠されるであろう秘密である。

 Den verdslige Klogskab stirrer og stirrer paa Begivenheder og Omstændigheder, regner og regner, menende, at den skulde kunne destillere Øieblikket ud af Omstændighederne, saa selv blive Magt ved Hjælp af Øieblikket, dette det Eviges Gjennembrud, forynges, hvad den høiligt trænger til, ved Hjælp af det Ny.

 世俗的な分別は、出来事や状況に虎視眈々としており、瞬間を状況から蒸留し、それから、瞬間――この永遠なものの出現――の助けによって自ら力となり、その新しいものの助けによって、大いに必要としている若返ることができるはずだと考えて、計算に計算を重ねる。

 Men forgjeves; det lykkedes og vil i al Evighed aldrig lykkes Klogskaben med dette Surrogat, saa lidet, lige saa lidet som det lykkes ved alle Toilettes Kunster at tilveiebringe: Natur-Skjønhed.

 だが、無駄なことである。それは、こうした間に合わせの分別では、あらゆる永遠性において、かつて成功したということも、これから成功するだろうということもないのだ。それはどんな化粧術でも自然の美を生み出すということに余りにも成功することがないのと同様である。

 Nei, kun naar Manden er der, og naar han vover som der skal voves (hvilket just verdslig Klogskab og Middelmaadighed vil undgaae), saa er Øieblikket – og Øieblikkets Mand lystre saa Omstændighederne. Dersom der ikke kommer noget Andet ind i Spillet end verdslig Klogskab og Middelmaadighed, saa kommer Øieblikket aldrig. Det kan blive ved i 100,000 og Millioner Aar, bestandigt det Samme: det seer maaskee ud som maatte det nu snart komme; men saa længe det kun er verdslig Klogskab, Middelmaadighed o: D:, kommer Øieblikket ikke, saa lidet som en Ufrugtbar avler Børn.

 否、その人がそこに存在する時にだけ、そしてその人が敢えてするべきことを敢えてする時にだけ(そのことをまさに世俗的な分別と凡庸さは避けようとする)、瞬間は存在する――そしてその瞬間の人にそうした状況は従う。もし世俗的な分別や凡庸さより他に何もその舞台の中に生じないならば、そうした瞬間は決して生じない。それは十万年、百万年の年月の中ででも、不断に同じのままでありうる。それは今すぐに瞬間が生じるに違いないと恐らく見えるかもしれない。しかし、ただ世俗的な分別、凡庸さ、およそそういったものしか存在しない限り、瞬間は生じない。それは石女に子どもが生まれないのと同様である。

 Men naar den rette Mand kommer, ja, saa er Øieblikket. Thi Øieblikket er just Det, som ikke ligger i Omstændighederne, det Nye, Evighedens Islæt – men i samme Nu magter det i den Grad Omstændighederne, at det skuffende (beregnet paa at holde verdslig Klogskab og Middelmaadighed for Nar) seer ud, som fremgik Øieblikket af Omstændighederne.

 しかし、真正の人が来たる時に、そうだ、その時に瞬間が存在する。というのは、瞬間はまさしく、状況の中に存在しないもの、新しいもの、永遠性の横糸なのだから――しかしそれは同じ瞬間に、期待を裏切って(世俗的な分別と凡庸さに対して愚弄することを当て込んで)あたかも状況から瞬間が生ずるかのように見える度合いにおいて、状況を支配する。

 Der er Intet, som verdslig Klogskab æggesygt er saa forhippet paa, som paa Øieblikket, hvad gav den ikke for at kunne regne rigtigt! Dog er ingen vissere udelukket fra nogensinde at gribe Øieblikket end just verdslig Klogskab. Thi Øieblikket er Himlens Gave til – saaledes vilde en Hedning sige – til den Lykkelige og Dristige, men en Christen siger: til den Troende. Ja, dette af verdslig Klogskab saa dybt Foragtede eller høist med laante Talemaader søndagshøitideligt udpyntede, dette at troe, det og kun det forholder sig som Mulighed til Øieblikket. Verdslig Klogskab er evig udelukket, foragtet og afskyet som den er i Himlen mere end alle Laster og Forbrydelser; thi den er i sit Væsen af Alt meest tilhørende denne usle Verden, og meest af Alt fjernt fra at have med Himlen og det Evige at gjøre!

 瞬間ほど世俗的な分別が執心して熱望するものはない。世俗的な分別は正しく計算するためにならどんな手も尽くす!にもかかわらず、まさしく世俗的な分別以上に、いつか瞬間をつかみとるということから確実に排除されているものは何もない。というのは、瞬間は天の賜物であるからだ。――異教徒は次のように言う――それは幸福な者や勇敢な者への賜物なのだと。しかし、キリスト者は言う、それは信仰者への賜物なのだと。さよう、この、世俗的な分別によってかくも深く軽蔑されたもの、或いは全く借り物の言い回しで日曜日の厳粛に飾り立てられたもの、この信じるということ、それだけが、可能性として瞬間に関係する。世俗的な分別は、永遠に排除され、軽蔑され、そして嫌悪される。世俗的な分別はそのまま天においてはあらゆる悪徳及び罪以上のものである。というのは、世俗的な分別はその本質において何よりもまずこの悲惨な世界に属しているからであり、そして天や永遠なものと関わり合うということから最も遠く隔たっているからだ!

Søren Kierkegaards Skrfter(セーレン・キェルケゴールデンマーク語原文が読めるサイトです)

■大谷長監修『原典訳記念版キェルケゴール著作全集15』創言社 2000